書籍紹介
住まいやまちづくりなどに関する総合出版案内です。 ご購入・お問い合わせ
季刊 チルチンびと 100号

季刊 チルチンびと99号
特集
土と木の家
詳細

記念すべき100号の特集は、チルチンびとの原点回帰とも言えるテーマ「木と土の家」。土壁にまつわる伝承を科学的な見地から解説するほか、FSC認証を受けた木材の産地、そしてその木材を使用し、無垢材で耐震等級3を実現したモデルハウスを詳しく紹介。さらに、実際の家づくりで参考になる素材や建材のカタログは保存版です。



チルチンびと 別冊 52号

愛知・岐阜の豊かな暮らし

特集
いい家をつくる工務店と出会う
詳細

設立当初から変わらないモットーは、「地域に根ざす木の家づくり」を通して、地域循環型社会に貢献すること。会員社の努力や学びの中から、産地とのつながりが生まれ、今では、国産材での家づくりは会の標準になりました。こうした品質への真摯な取り組みは、2006年に「チルチンびと仕様の家」として結実。オール国産材で、52種類の化学物質を測定済みの、
住まい手にとっても、つくり手にとっても、そして地球環境にもやさしい家づくりができるようになったのです。

季刊 チルチンびと 99号

季刊 チルチンびと99号
特集
平屋の暮らし
詳細

今、「未来の生活」を見据え平屋に暮らす人が増えているという。
小さな子どもと毎日顔を合わせられる生活。
子どもが巣立った後の、夫婦2人のゆったりした生活。
歳を重ねても段差のない身体にやさしい生活。
家選びのヒントに、素敵な平屋ライフをのぞいてみてください



チルチンびと 別冊 51号

愛知・岐阜の豊かな暮らし

特集
東海の強く美しい家

良材を産する豊かな森。
よい土に恵まれ、花開いた焼き物や左官、タイルの文化。
そんな豊かなものづくりの土壌は、
こだわりの家をつくる工務店を育んできました。
東海地方ならではの、強く美しい家と
豊かな暮らし方を紹介します。

季刊 チルチンびと 98号

特集
薪ストーブのある家
詳細

火に魅力を感じるのはどうしてでしょう。
ゆらゆらと揺れる炎が変化していく様子。あるいは色。あるいは薪がはぜる音。人は火そのものに魅了されると同時に、太古より火を扱ってきた本能をくすぐられるのかもしれません。
古材に囲まれた生活、樹の下に佇むような感覚の家、住み継がれる土壁の家、都会の中で自然を感じる家、改修で薪ストーブを導入した家をはじめとした薪ストーブのある家の事例と実際に役立つ情報が満載です。



チルチンびと 別冊 50号

愛知・岐阜の豊かな暮らし

特集
やさしい温もりが
包む家

暖かい空気は上に昇るという自然の理と、
無尽蔵のエネルギー源である太陽を利用して、家全体をおだやかに温めるOMソーラー。そんな気候風土によったOMソーラーの家づくりに取り組むのは、地域を知り尽くした地場の工務店。ゼロエネルギー住宅という時代が求める命題にも、OMソーラーならではの提案を行います。日本全国北から南まで、家づくりのプロが手がけたOMソーラーの住まいと、そこで営まれる生き生きとすこやかな暮らしを紹介します。

ページトップ